グレイチャンネルはシンプルで有りながら,ギターやアンプの性能をそのまま生かせる真の2チャンネル仕様の歪み系エフェクターです。

チャンネル切り替えは左のフットスイッチで、右のフットスイッチでエフェクターのオンとオフです。昔の人気のペダルさながらの良質の歪み(あのオリジナルの250を想像してください)はそのままに、ミニスイッチによるダイオードの違いを利用して低音を大きく唸らせる事も可能です。どちらのチャンネルも3つの違うダイオードを選択出来ます。

Greenチャンネル上のミニスイッチ、“Si”はシリコン。“Ge”はゲルマニウム、“N”はノークリッピングダイオードになります。Redチャンネル上のミニスイッチは“LED”はLEDダイオード、“FET”はMosfet、“N”はGreenチャンネル同様ノークリッピングダイオードになります。ペダルボードにグレイチャンネルを追加すれば、アンプで作られた音に加えて二つのチャンネルとミニスイッチを操作する事によってどんなタイプの歪みでも再現する事が可能になるでしょう。

コントロール

Channel Switch - GreenチャンネルとRedチャンネルの切り替え

Activate Switch - グレイチャンネルのオンとオフ

Green Channel 低から中くらいのゲインのオーバードライブ

Gain - 歪みの量の調整
    Green - Greenチャンネル使用時の出力の調整

?Green Toggle Switch - クリッピングの種類の設定

Si - シリコン。ボリュームが有り、若干明るめの音で真空管アンプの様な自然な歪み
Ge - ゲルマニウム  若干柔らかめで暖かい音色です。低音が良く出て、出色は低めになります。
N - ダイオードクリッピング無し Gainの低い設定でクリーンブーストの様に働き、時計方向で1時を過ぎた辺りから癖の無いオーバードライブの様なディストーションになります

Red Channel 高いゲインでコンプ感の有るタイトなオーバードライブ

    Gain - 歪みの量の調整
Red - Redチャンネル使用時の出力の調整

? Red Toggle Switch - クリッピングの種類の設定

LED - この設定が一番出力の大きいものになり、 入力にも一番敏感です。コンプ感も一番少なく癖の無いオーバードライブです
FET - 一番コンプ感が有り、歪みの量も最大で、タイトでクランチな歪みです
N - ダイオードクリッピング無し。Gainの低い設定でクリーンブーストの様に働き、時計方向で1時を過ぎた辺りから癖の無いオーバードライブの様なディストーションになります

寸法
117mm x 94mm x 57mm

電源
グレイチャンネルは9V、DCパワーサプライで2.1mmのネガティブセンターのアダプターで使用出来ます。デイジーチェインやトランス方式でないパワーアダプター等の使用ではノイズが乗る事が有りますので当社では推奨しておりません。また9V以上出力する電源は使用しないでください!

スイッチ
電子リレー方式のトゥルーバイパスを採用していますので、電源無しでは音は出力されません。

消費電流
14mA

【アースクエイカーデバイセス】 オーバードライブ Doubler Dirt Dynamic Channel Gray Devices Earthquaker-エフェクター