TSに代わる定番オーバードライブの開発をテーマに作り上げたTSキラーオーバードライブペダル。

オペアンプを用いた非反転増幅回路と対称LEDクリッピングにより、適度に飽和し、少しのFuzzyさを持った歪みが特徴。
ゲインの設定次第で、クリーン〜クランチ〜オーバードライブと変化していき、単体でのドライブセッティングとしてはゲインを12時以降に設定する事をお勧めします。
一般的なエフェクターにあるようなハイカットのトーン回路ではなく、Presence(プレゼンス)と名付けたフィルター回路を搭載しています。
これはゲインと連動したフィルター回路パラメーターになっており、独立したゲインコントロールとの兼ね合いで、適度に明るさ、飽和感、歪みの質感、雰囲気を調整出来ます。

消費電流:約5mA (DC9V)
入力インピーダンス:500kΩ
出力インピーダンス:10kΩ

Atlas Pedal OverDrive Bracton-エフェクター